健康食品の機能性表示のおぼえ書き

*

成分の効果効能で選ぶ!健康食品やサプリメント!

健康食品の機能性表示のおぼえ書き

成分の効果効能をうたえる「機能性表示」とは

大人にきび
今までの健康食品やサプリメントは「効果効能」がうたえませんでした。しかし、機能性表示を行えるようにしよう、と規制改革を求める声が上がっています。消費者の立場から、「自分に合う成分を自分で選ぶ」時代にはいっています。
例えば「飲むだけでダイエット」という広告につられてネットで購入したサプリメント、いわゆる健康食品です。
しかし「飲むだけでダイエット」の広告には「根拠」がありませんでした。広告につられて購入したけど効果がなかった・・。このようなトラブルは後を絶ちません。
さまざまな体験談も掲載されていますが、消費者も何を信じていいのかわからなくなってきています。
今まで「エネルギーアップに!」「プリプリを目指したい」「サラサラ成分配合」など・・
あいまいにしか表示できなかった健康食品。
今、政府の進める規制改革で健康食品の表示が変ろうとしています。
それは健康食品の“機能性表示を解禁”するというものです。
今までは、「ぐんぐんやる気の毎日に」としか書けなかった広告を「心臓の健康を維持」など、
具体的な成分の効果効能の表示
できるようになるのが“機能性表示”です。

購入する方が、科学的な根拠のある商品を選びやすくなるのが機能性表示です。

さらに“機能性表示”により問題のある商品もでてくるのではないか、という専門家もいます。
ここらあたりも対応策を追加していきます。

日本でも、現時点で効果・効能を認められているものがトクホ

日本でも“科学的根拠とは何か”ルールをしっかりと作る必要があります。

“機能性表示の解禁”されていない2014年時点でも、効果を表示できるものがあります。

① 医薬品→国が審査して効果を表示できる
② 特定保健用食品(略してトクホと呼ばれています)→機能を表示できる
③ 健康食品→表示できない

多くの人が購入するサプリメントなどの“健康食品”です。これは効果がはっきりしないものとして国が審査していません。法律でカラダへの効果や機能を表示することは法律で禁じられてきました。

しかし、2013年の規制改革会議で規制の緩和の流れになってきてきています。

一定の科学的根拠のある成分についていは、あくまでも“企業の自己責任”において表示できるようにする改革です。

カラダを燃やす→中性脂肪を抑える
ハツラツとした朝に→心臓の健康を維持する

など成分に対して具体的な表示が可能になります。

科学的根拠が絶対に欲しいなら特定保健用食品

国が審査をして期待できる効果効能を表示できるのが特定保健用食品です。
トクホともいいます。
下のようなラベルがあるのがトクホです。

トクホとして国から認められ、表示できる内容は以下の通りです。

お腹の調子を整えます。
お通じの気になる方に適しています。

▼▼▼
各種オリゴ糖、ラクチュロース、ビフィズス菌、各種乳酸菌、食物繊維(難消化性デキストリン、ポリデキストロース、グアーガム、サイリウム種皮等)

糖の吸収を穏やかにします。
食後の血糖値が気になる方に適しています。

▼▼▼
難消化性デキストリン、小麦アルブミン、グアバ葉ポリフェノール、L-アラビノース

血圧が高めの方に適しています。
▼▼▼
ラクトトリペプチド、カゼインドデカペプチド、杜仲葉配糖体(ゲニポシド酸)、サーデンペプチド

コレステロールの吸収を抑える働きがあります。
コレステロールが高めの方に適しています。

▼▼▼
キトサン、大豆たんぱく質、低分子化アルギン酸ナトリウム

歯を丈夫で健康にします。
▼▼▼
パラチノース、マルチトース、エリスリトール

体脂肪が気になる方に適しています。
食後の血中中性脂肪の上昇を抑えます。

▼▼▼
グロビン蛋白分解物、コーヒー豆マンノオリゴ糖

コレステロールが高めで気になる方、おなかの調子が気になる方の食生活の改善に役立ちます。
▼▼▼
低分子化アルギン酸ナトリウム、サイリウム種皮の食物繊維

体脂肪が気になる方、おなかの調子が気になる方の食生活の改善に役立ちます。
▼▼▼
コーヒー豆マンノオリゴ糖

血中中性脂肪が高めの方、食後の血糖値が気になる方の食生活の改善に役立ちます。
▼▼▼
難消化性デキストリン

カルシウム吸収に優れ、丈夫な骨をつくるのに適した食品です。
▼▼▼
大豆イソフラボン、MBP(乳塩基性タンパク質)

貧血気味の人に適しています。
▼▼▼
クエン酸リンゴ酸カルシウム、カゼインホスホペプチド、ヘム鉄等

骨粗鬆症になるリスクを低減するかもしれません。
▼▼▼
カルシウム

おなかの調子を良好に保つとともに、カルシウムの吸収を促進します。
▼▼▼
フラクトオリゴ糖

以上です。

一方、効果効能にはっきりと根拠のない成分もあります。
これは、科学的な論文がなかったり、信頼性も低い都市伝説的なものもありますが、効果を実感している方も実際にいるので、試してみることもありです。

>>ヒトへの有効性のある成分、はっきりしない成分。

最近の投稿

カテゴリー


私がオススメする○○○○○商品トップ2

第1位

○○○○○ニキビケアセット

ビーグレン ニキビケアセット
○○○○○ニキビケアセットの特徴
  • さらりと、しなやか。肌が深呼吸するような洗い上がり。
  • 必要な潤いで角質層を満たし、ニキビのできにくい肌へ
  • 独自の浸透テクノロジーで、気になる肌に本来の輝きをプラス。
価格 評価 備考
1,890円 全国送料無料

○○○○○ニキビケアセットの総評

○○○○○の特徴は何といっても「高い浸透力」
そして、○○○○○のニキビケアの特徴は、一時的な解決を求めるのではなく、肌本来の力を取り戻すことで、ニキビをできにくくし、また、できてしまっても悪化しにくくするスキンケア効果です。
詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
第2位

○○○○○基本セット

ビーグレン ニキビケアセット
○○○○○基本セットの特徴
  • ○○○○○は、朝夜3-Stepのシンプルケア!
  • 健康的でなめらかな肌へ導く「コンビネーショントリートメント」
  • ○年連続国内ニキビケア売り上げ○○○○○!
価格 評価 備考
3,900円 60日間返金保証

○○○○○基本セットの総評

CMや広告で評判の○○○○○。ニキビに悩む人は、○○○○○を知らない人はいないでしょう。 基本の3ステップをそれぞれ組み合わせることで24時間肌を守り、ニキビを繰り返さない健康な肌へ導いてくれます。
スキンケアサポートも充実していて、専門のアドバイザーが疑問や悩みに丁寧に答えてくれるサポート体制も充実しています。

詳細ページはこちら 公式サイトはこちら