科学的根拠とは論文だけ・・には穴があった

健康食品の機能性表示のおぼえ書き > アメリカでの機能性表示 > 科学的根拠とは論文だけ・・には穴があった

科学的根拠とは論文だけ・・には穴があった

日本の消費者は広告代理店の作ったイメージ広告しか判断することができませんでした。

有名な芸能人のCMであったり、使用者の体験談であったりします。

アメリカでは30年前から機能性表示が解禁されていますが、
裏づけとなるのは社外から取り寄せた論文です。

メーカーが独自に実験を行う必要はありません。

しかしこの論文自体に問題がありました。

科学的な根拠・裏づけが不十分だったのです。
(消費者から効果が薄いという苦情から、保険福祉省の抜き打ち調査で判明しました)

論文の内容が古く30年前のものだったり、
動物で実験した結果だったりした論文もありました。

つまり論文自体に信頼性がなかったのです。

これにより購入者が裁判を起こし損害賠償を求める判決もでています。

医学的に有効な効果が認められない論文が多くありました。

現在のアメリカではより戻しが始まりより厳しい基準の科学的根拠が必要になっています。

具体的には論文を国の機関が調査したり、「この成分は効果がありませんよ。」と明確に情報提供したりしています。

また、市民団体も成分を調査したりすることろも増えてきました。
そういった努力もあり消費者に「この成分は効くのか、効かないのか」使えられる機会も増えてきています。

 

>>日本では、残留農薬検査は6割の企業がやっている

科学的根拠とは論文だけ・・には穴があった 関連ページ

アメリカでの機能性表示の現状はどうか
アメリカでは1995年から機能性表示が解禁されています。 現在でも6万点の健康食品がアメリカで販売されています […]

トラックバックURL

http://lagravfea.com/%e7%a7%91%e5%ad%a6%e7%9a%84%e6%a0%b9%e6%8b%a0%e3%81%a8%e3%81%af%e8%ab%96%e6%96%87%e3%81%a0%e3%81%91%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%81%ab%e3%81%af%e7%a9%b4%e3%81%8c%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%9f/trackback/

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です