科学的根拠に乏しいサプリはなくなるのか

健康食品の機能性表示のおぼえ書き > 日本の機能性表示 > 科学的根拠に乏しいサプリはなくなるのか

科学的根拠に乏しいサプリはなくなるのか

現在販売されている健康食品やサプリメントの効果効能のキモは“科学的根拠”となっています。

これがひとつの基準です。

しかし現状は“科学的根拠”をうたっていても過剰な宣伝文句により消費者の喚起を煽っている商品が多くみられます。

 

例え根拠が乏しくても広告次第で売り上げが伸ばせるのは広告業界のテクニックです。

「スリムな体型になる」という表現は法的にひっかかりますが、
「スマートな私になる」という表現は同じ意味に聞こえます。
スリムはダメでも、スマートはOKなのです。

同じように「花粉症に効く」も使えませんが、
「桜の花の季節のヘルスケア」という表現に置き換えているのが現状です。
つまり広告業界は効果効能が表現できない分、
“法に触れない表現力”で商品の効果効能を表現しているのです。

いくら科学的根拠があっても、ストレートに表現できない分、
比ゆ的な表現にせざる得ないのです。

消費庁研究会でも検討されていますが、
機能性表示が解禁されれば、購入者にもわかりやすい成分の効果効能が表示できるようになります。

それは健康食品に対する不信感をなくすことにもつながります。

企業側もきちんと研究から販売までしていかなければいけないので
いいかげんな企業はなくなっていくのではないかと予測している人もいます。

ただし、企業の科学的理解にはかなりの開きがあります。
科学的根拠を長年研究してきた企業もあれば、
昔からの言い伝え程度の理解しかない企業もあるのです。

 

>>国の審査がいらない。表現はストレートになるとどうなる?

 

科学的根拠に乏しいサプリはなくなるのか 関連ページ

ゲニポシド酸は血圧を下げる
特定保健用食品として血圧関係で効果があるとみとめられているのが ゲニポシド酸です。 錠菓や清涼飲料水として市販 […]
グアーガム お腹の調子を整えます。
お腹の調子を整えます。 お通じの気になる方に適しています。 グアーガムは、トクホとして、十分な科学的根拠のある […]
クロレラ 免疫力向上に効く
クロレラは、免疫力を上げるのに効果がある。 といわれています。 しかし、ヒトへの有効性として、 科学的根拠がは […]
機能性表示による具体的な効能がわかる!
現在、サプリメントを含む食品には「おなかの表示を整えます」などの機能性表示ができるものが少ないですが、 栄養機 […]
残留農薬検査は6割の企業がやっている
健康食品会社が行っていて、特に力を入れているものに原材料の安全性の確認があります。 どのような項目をチェックし […]
国の審査がいらない。表現はストレートになるとどうなる?
これまで審査がいるのは ① 医薬品→国が審査して効果を表示できる ② 特定保健用食品→国が審査して機能を表示で […]
なぜ“機能性表示の解禁”をするのか
国としては“機能性表示の解禁”により健康食品・サプリメント業界が活性化し税収が増えるという期待があるのでしょう […]
ヒトへの有効性のある成分、はっきりしない成分。
ヒトへの有効性についての根拠はどうなっているのでしょうか。 国の見解です。 ▼有効性への根拠が多い。消費者庁が […]

トラックバックURL

http://lagravfea.com/%e7%a7%91%e5%ad%a6%e7%9a%84%e6%a0%b9%e6%8b%a0%e3%81%ab%e4%b9%8f%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b/trackback/

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です